KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

吸うじゃなくって啜ると言いたくなる。

SHOP NAME: 「

麺屋 NOROMA

」 / TYPE:

激戦区に名店あり。
やっぱり競争があると、洗練されていくんだろうな。

関西でのお仕事を終え、
単独、奈良までラーメンを食べに出掛けてみた。
福岡在住のぼくにとってそれほど馴染みはなかったが、
奈良ラーメンという確立されたジャンルがあり、
関西方面ではその人気は広く知られているようだ。

ちょっと調べてみると、中心地にはもちろん、
人里離れた場所に人気店があるそうで、
味についてもあっさり系から濃厚系までさまざまなんだとか。

ぼくのなかでは無鉄砲系の印象が特に強かったので、
京都と並び、濃厚スープのラーメンが親しまれているのかなと
思っていたが、その振り幅はかなり広いみたい。

ということで、、、
奈良滞在は午前中のみだったため、
とりあえず朝早くに出掛けて大仏様を拝み、
その後、昼の一麺を熟考する。
選んだのが、「麺屋NOROMA(ノロマ)」さん。

前情報で結構並ぶと知っていたので、
張り切って開店20分くらい前に行くと、
思いっきりポールだった。
ので、ちょっとコンビニで時間を潰し、
戻ると2人ほど並んでいたので、その後ろへ。
鶏そばと、ランチセットの餃子セットを注文

オーダーしたのが、特製の鶏そば。
ここは濃厚鶏白湯が人気を博しており、
ラーメンとつけ麺がある。
色艶のいいレアチャーシュー、
シャッキリと角が立つネギ、
光沢のある煮玉子、端正に並ぶカイワレ、
なんとも品がある佇まい。
なんだけど、その下には如何にも高濃度そうな、
ワイルドな表情をした浅黒スープが
手招きするかのように顔を覗かせている。
このギャップに弱い。ギャップ萌え。

スープを啜ると、
そう、思わず吸うじゃなくって啜ると言いたくなるくらい、
とろみがほどよくある。
唇を伝ってずるりと引きずり込まれていく感じ。
ただ、どろどろじゃなくって、さらり感もあって、
とってもバランスが良いのが印象的。
麺は平打ちで、その幅は5mmほど。
これがものすごく、スープに絡む。
この麺があるからこそ、
スープをギト寄りにしすぎなくて済むんだろうな。
スープと麺でしっかり美味い。
チャーシューがしっとりジューシーで、
とっても気に入ったけど、
このポテンシャルなら、特製でなく、普通でもよかったかも。

おごちそうさまでした !!。

OSHINAGAKI

SHOP INFORMATION

麺屋 NOROMA

menya noroma
〒630-8141
奈良県奈良市南京終町3-1531

電話 0742-63-5338

ランチ営業時間 11:30 - 15:00

ディナー営業時間 18:30 - 21:30

※月1回(主に第2火曜)

定休日 水曜

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

花山屋台

東区に残る貴重な屋台 fukuoka / higashiku

MEN LABO

豚骨はございません cyuoku /

味仙 矢場店

欲望を根底から動かすようなビジュアル nagoya / tokai

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE