KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

食堂には飾らないちょっと無骨なくらいの麺が似合う。

SHOP NAME: 「

橋本食堂

」 / TYPE:

開店15分前に着いたらすでに人だかり。
名前を書いて、順番を待つ。
開店時間になると名前が次々と呼ばれていく。
8人連れ、5人連れ、団体さんが次々と吸い込まれ、
思ったよりも広い店なのだと知った。

高知の名物、鍋焼きラーメンの名店「橋本食堂」さん。
この店から鍋焼きラーメンが広がって、
今や全国的にも知られる名物になったのだと聞いて、
いつかは必ずと思っていた。
大まかな概要は地元須崎の観光協会さんの店舗紹介からどうぞ。

なんとカウンターにぎりぎり1人、滑り込み、
最初のターンのラストを飾れた。
ここで入れるのと入れないのとでは大違い(外は暑い!)なので、
食運、ここでも見事に発揮される。
店内を見渡すと、カウンター席が5つくらいで、
あとは奥にテーブル席がたっぷりと備えてある。
団体さんやグループは相席になることもありそう。

注文は、鍋焼きラーメンの普通サイズ、そして白ご飯。
このご飯を最後、鍋に加えて食べると最高なんだとどこかで見て、
それは注文しない手はない。

カウンターに座ると目の前に鍋の蓋がずらりと並ぶ。
その中には竹輪の切ったものとネギが用意されていた。
厨房の棚には土鍋が積み上がり、その出番を待っている様が勇ましい。
厨房には女性が4人、主婦たちの手際の良さ、リズムの良さがすごい。
麺を茹でる人、鍋を温めている人、それぞれに役割が明確なようで、
ガチャガチャしてない。
声掛けは普段どうりの会話であり、
楽しそうなその会話は聞いていても一向に嫌ではなかった。

ちなみに鍋焼きラーメンはスリーサイズある。
普通、大盛り、特大。
ご飯は地元高知の米どころのものをガス釜で炊いているみたいで、
そちらも小中大のスリーサイズ。
ほか、メニューはビールしかない徹底的な専門店の貫禄がたまらん。

卓上には、一味と胡椒。
お隣の常連さんはラーメンが運ばれてくるや、胡椒をババッとかける。
慣れた仕草だ、もう何千回とそうやってきたんだろうか。
ぼくのところに運ばれてきた鍋焼きラーメンとご飯は、
なんだかとてもキュートな一体感。
これは専門的な容器じゃないだろうが、なんたるジャストフィットぶり。
ちょっと嬉しくなる仕掛けに、思わずにんまり。

スープを一口飲むと、なるほど醤油の味わいが強く、
鶏ガラだと思われるスープに浮かぶのは鶏油で、
それは鶏もも肉、鶏皮から滲み出たもののようで、
自然な営みによってコントラストが強まる仕立て。
玉子を崩すとまろやかになり、確かにこれはご飯がほしくなる。
蓋を開けるという演出がよいし、
そして特筆すべきは、グラグラと煮立っていたのにヘタレない麺。
麺はかなり黄色めで、玉子麺なんだろうな思っていたら、
土産の原材料のところを見ると、
卵黄、卵白と記載があったので、
きっと店で使っているのもそうなんだろうな。
この細ストレート麺、シンプルな具材のバランス。
食堂には飾らないちょっと無骨なくらいの麺が似合うと思った。

おごちそうさまでした !!。

SHOP INFORMATION

橋本食堂

hashimotoshokudo
〒785-0014
高知県須崎市横町4-19

電話 0889-42-2201

営業時間 11:00 - 15:00

※表記時間は閉店時間です。ラストオーダー時刻は異なります。

※LOは14:50

定休日 日曜、祝日

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

cernia

Cernia

今年一番のパスタ。 cyuoku /

アプリ限定

rairai

来来

何も決まっていない。 kennnai / kitakyushu-chikuho

アプリ限定

三久

パリパリ麺がいとよろし oita /

アプリ限定

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE