KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

ごくごくと飲みたくなるような、 そんなうま味の凝縮を体感した。

SHOP NAME: 「

古4季

」 / TYPE:

お店のことを知ったのはfloatanの店主あーたんさんからだった。
floatanはカレーの店で、麺を出しているわけではないのだけれど、
ここのカレーはほかでは食べられない味なのだ。
どんなカレーかと言われれば、あーたんさんそのままだと答える。
料理には人柄が出るものだが、つまり真心を込められた一品はその人と同義。
やさしく、スパイシーで、食べ終えた後に満たされる。

floatanでカレーを待っているときに「古4季」さんのチラシを見つけた。
とても良いデザインで、引き寄せられるように手に取った。
するとちょうどそのタイミングであーたんさんの手が空き、
ぼくのほうを見て、この店のちゃんぽんをいかに愛しているかということを、
とてもシンプルな言葉で伝えてくれた。

後日、「古4季」さんに行けるタイミングが訪れた。
あらかじめ聞いてはいたが、かなりわかりにくい立地。
知らないと絶対に入らないような、雑居ビルの奥まった場所にある。
デザインセンスのよいチラシだったからきっと若い方がされている店かと思っていたら、
ぼくよりも年上のご夫婦が営んでいるようだった。
だからというわけではないが、空気はとてもアットホーム。
店に入るとすぐに、そのお人柄に包まれたような気持ちになる。
あったかいなあ。良い気のようなものが流れている感じ。
ちゃんぽん一択。そしてご飯も美味しいということで注文。

ご夫婦の役割分担まではわからないが、
たぶん、お二人とも調理に携わっていて、夫婦の合作という印象。
丼の中身を俯瞰すれば、かなりの具沢山。
スープはとてもまろやかで、滋味に富む。
健康を気遣う店ということもあってかうま味調味料の存在は全然感じなかった。
素材の力に頼る、それをきちんと行う。
なかなかできないことをさらりとやっているのは、
それこそ年の功、ということなのか。
具材がたっぷり入ることで、スープはそれらのうま味で味わい豊かになる。
温度が高いからそうはできないが、ごくごくと飲みたくなるような、
そんなうま味の凝縮を体感した。
麺も良い。長崎からの取り寄せなのかな、
現地で食べたことのあるあの味のような気がした。
ぷりっとした食感で、野菜のシャッキリ感との対比が愉快。

食べ終えて、はふうと一息。
料理には人柄が出ると先に書いたが、まさにご夫婦のような一杯だった。
ほかの麺料理も制覇したくなるが、次に来た時にちゃんぽんの誘惑を振り切れる自信は、ない。

おごちそうさまでした

SHOP INFORMATION

古4季

koshiki
〒810-0021
福岡県福岡市中央区今泉2-4-4

電話 090-5384-8237

営業時間 10:00 - 15:00

定休日 不定休

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

toneri

老舗仕込みの名物皿うどん fukuoka / fukutsu-munakata

うどん平

テーブル席もまた良し。 fukuoka / hakataku

アプリ限定

kukai

拉麺 空海

七色のラーメンから白をチョイス kennnai /

irihune

入船

ド迫力! kumamoto /

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE