KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

生姜がジャストマッチ。

SHOP NAME: 「

丸太小屋

」 / TYPE:

高知名物の鍋焼きラーメンは食べた。
次はどうしようかと、、、と言いたいところだが、
幸い2軒目はすでに心の中で決まっていた。
「高知でラーメンを食べるなら」と教えてもらっていた「丸太小屋」さん。

店に着いたが、着かなかった。
きちんと説明すると、いったん着いたのだが、
そこが店であることが全然わからなくって通り過ぎてしまったのだ。
外観の写真をちょっと見てほしい。
鬱蒼としたという表現がぴったりなほどネイチャー。
結構な大通り沿いだったのに、全然目立ってない。
いや、むしろ目立っているのかもしれないが、
ラーメン店というイメージから、この外観は想像できなかった。
まあ、よく見れば脇にオレンジの看板があって、
丸太小屋、中華そばと書かれてはいるが、
初来店のぼくにとって、それを運転しながら即座に発見するのは不可能。
ということでUターンしての訪問となる。

さすがの人気店。もうすぐランチタイムが終わろうとする時間帯なのに、
店頭には待ち客が4人。
しばらく待っていると、後ろにさらに2組並び、そこでちょうど昼は終わり。
ぎりぎりセーフだった。

店に入ると丸太小屋という名のとおり、全方位ウッディ。
完全にログハウスだった。
相席となり奥のテーブルに座ってメニューを検討。
基本のラーメンが500円。
にんにくラーメンやみそラーメンが人気だと聞いていたが、
なんとなく直感で生姜ラーメン600円をオーダーした。

まず分厚いチャーシューが目を引く。
脂身もそこそこな、見るからにジューシーなのが2枚。
そしてもやし、きくらげ、ネギという布陣で、
生姜はスープにすでにほどほど馴染んでいて、
一口目から生姜の清涼感が舌に伝わる。
そして、塩ラーメンともいうべき透明スープに、
この生姜がジャストマッチ。
甘みそこそこのスープはまろやかな味わいで、
そこにアクセント的な要素が加わることで味わいに奥行きがでる。
そしてほんのりウェーブした中細麺が合う。
細麺ではインパクトに欠けてしまい、太麺だと野暮。
この中細がしっくりと馴染む。

ご当地で昔から愛されているんだろうな。
ぼくのような県外から来た人間においても、
どこかしら親しみを感じるような、
そんな人懐っこさが心のずっと奥の方まで届いた。

おごちそうさまでした !!

SHOP INFORMATION

丸太小屋

marutagoya
〒780-0000
高知県高知市大津乙1239

電話 非公開

ランチ営業時間 11:00 - 14:00

ディナー営業時間 18:00 - 23:00

定休日 不定

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

torimen

鶴麺

ずば抜けて上品 osaka /

アプリ限定

tusudoii

つどい

贅沢すぎる2択。 cyuoku /

menshonin

麺商人

煮干し、大いにアリ! kumamoto /

アプリ限定

makokoro

ま心

一軒家のサプライズ kumamoto /

アプリ限定

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE