KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

ず、ずずっという音とともにクールダウン。

SHOP NAME: 「

うどん こまる

」 / TYPE:

カウンターが5席、テーブルが2つ、
店主夫妻が切り盛りする小さなうどんの店。
ここ福岡はうどんが根付いた町である、
なんてことは今更言わなくても周知の事実かもしれないが、
そんな印象につながっているのは、
例えばウエスト、牧のうどん、資さんうどんといった大箱のうどんチェーンの
人気及び店舗展開が大きいと思っている。
もちろんチェーンでなくても、
郊外にはカウンターとテーブル、小上がりを備えた、
いわゆる家族連れウェルカムな形態の店が多く、
天神や大名、博多といった福岡市の中心地エリアであっても、
そこそこの広さがある店が大半だ。
だから「うどん こまる」の店の在り方は、
家族で切り盛りし、店の広さにしても目が行き届く範囲というような、
そんな香川県・讃岐のそれを彷彿させる。
実際にここで提供されているのは讃岐系のうどんであり、
その整合性がとても気持ち良くって、初めて訪れた際に好感を持った。

二度目のこまる。
店に入り、注文をする。
かけうどんを冷やで(つまり冷やかけ)、
あとはてんぷらを2つ注文した。
オーダーを伝えた後、しばらくしてジューっという音が鳴る。
それはぼくだけでなく、後から来たお客さんがてんぷらを注文した際にも、
その音が聞こえてきた。
揚げたてなんだ、と顔がにやける。

うどんとてんぷらは同時にやってきた。
麺は福岡の一般的なお店に比べて少し細め。
持ち上げるときっちりとエッジが立ち、
噛み締めれば、なるほど確かな弾力がある。
この細さは冷やかけとすこぶる相性がよかった。
勢いよく啜るたびに口のあたりに伝わる涼感。
ず、ずずっという音とともにクールダウン。
煮干しの風味がしっかり立ちつつ、
昆布の存在感も伝わってきて、体が喜ぶ。
あつかけだったら香りも良いんだろうな。

そしててんぷらが気前がいい。
100円のちくわは丸々一本。
150円のとり天は2切れ付いてきて、
さっくり、さくさくが目一杯堪能できるから素敵過ぎた。

近隣にある専門学校の学生たちがふらりとやってきていた。
手頃な価格で、お腹いっぱい。
こまるが青春の味になるんだろうな。

おごちそうさまでした !!。

SHOP INFORMATION

うどん こまる

udon komaru
〒810-0014
福岡市中央区平尾1-12-19

電話 092-531-2918

営業時間 11:00 -

定休日 不明

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

riraku

RIRAKU

鹿児島生まれ、世界クオリティ。 kagoshima /

移転

hyakusen

百千萬

国道沿いの愛され店 sawaraku /

アプリ限定

ゆうぜん

ゴボウ×ネギの相乗効果 fukuoka / chikugo

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE