KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

丼の中のすべてで一杯のラーメンなんだろうな。

SHOP NAME: 「

南京ラーメン 黒門

」 / TYPE:

透明度の高いスープは、
到底どの若いスープも叶わないエネルギーに満ちていて、
老練の安定感。
胃袋のずーっと奥のほうへと響く。
豚骨スープはイコール白濁というのがここ福岡の常識だが、
ここでは一般的な白濁スープよりも、
ずっと透明感があり、印象がずいぶんと異なる。

丼を俯瞰すれば、
その全容がほんのりと見て取れる。
ゆったりと泳ぐ麺、部位の異なるチャーシューがそれぞれ1枚。
パラパラと彩りを添える小ネギの存在が目を引くくらいに、
その佇まいは凪のように穏やか。

あっさり。
たしかに言葉にするとそういう表現が正しいのだけれども、
まず、すーっと口に入る。
その誘いから始まる、
舌に伝わる豚骨の明快な旨味、
そしてちょうどいい塩気、
ごくっと喉を通った後に鼻に抜ける香りの一連は、
あっさりという言葉には、
つまり上品、優雅という意味が込められているんじゃなかろうか、
きっとそうで、あっさりと言い切ってしまいたくなくなって、
こうやって文章にするとあれやこれやと、
思いの丈を綴りたくなってしまう。
その見た目よりもずっと深い極上の液体は、
とてもやさしい表情なのに記憶に強く残る。

麺の茹で具合も文句無し。
固すぎず、やわらかすぎず、
ニュートラルな状態だった。
それぞれが誇張しすぎないスープ、そして麺。
丼の中のすべてで一杯のラーメンなんだろうな。

そして焼き海苔のシーズンだったので。
後半にスープに浸して食べてみたり、
おにぎりに巻いてみたり、もちろんそのままでも食べてみたり。
この磯の風味が溶け込んだスープも格別。

おごちそうさまでした !!!

SHOP INFORMATION

南京ラーメン 黒門

nankinramen kuromon
〒808-0142
福岡県北九州市若松区青葉台南3-1-5

電話 093-777-4688

営業時間 11:00 - 15:00

※売り切れ次第終了、15:00閉店はあくまで目安です

定休日 月曜、第4火曜(定休日が祝日の場合は翌日に振替)

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

torimen

鶴麺

ずば抜けて上品 osaka /

アプリ限定

北斗亭

未体験ゾーン! yamaguchi /

bassho

芭蕉庵

居てもたってもいられない。 kitakyushu-chikuho /

アプリ限定

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE