KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

麺とスープで完璧に完結していた。

SHOP NAME: 「

捏製作所

」 / TYPE:

スペースシャトルに乗ったのかもしれない。
一つひとつが孤高のつくねは、それ一つひとつに独自の世界が存在し、
そう思えば、なんだか惑星が連なるように見えてきた。
藤崎に宇宙があった。

お店がオープンしたのは2015年。
福岡に未だかつてないつくね料理の専門店ということで、
すぐにその噂は耳に入ってきた。
それ以前は京都にお店があったという。
京都の時代のことは訪問できていないのでわからないが、
つくねに対する真摯な姿勢は一朝一夕のものではないことはすぐにわかった。
つくねというと福岡だったら焼鳥のネタを思い浮かべる。
おおよそタレ、塩によって調味されるアレだ。
ここではそんなスタンダードは存在せず、
日々、その時々の旬の食材を取り入れた創作。
写真を見てもらえるとわかるが、実にそのバラエティは豊かで、
好奇心を大いに充しつつ、
つくねにおける既成概念を見事に打ち壊してくれる。
また、つくねを引き立てる日本酒がこれまた精鋭揃いで、
こちらもまた銀河系軍団だ。
特につくねの油をやさしく流す燗酒を勧めている。

ちなみにつくねだけでない。
一品料理もくすぐるものばかり。
その日はつくねの前に、よだれ鶏のパクチー添え、
大人のポテトサラダ(里芋にヤマメのうるかを合わせて素晴らしい一品!)
などを食べてすっかり昇天した。

・・・したのだが、〆が待っている。
それが「ミツル醤油」さんの醤油を使った中華そば。
随分と前にフラクタスの成田さんがインスタにポストしていて、
それはもう大変そそるビジュアルだったので、記憶に鮮明に残っていた。
スープ、麺、ネギ、以上。
超ミニマムな一杯、しかもラーメン店という専門店でもない。
ただ、結果、これは絶対に食べておくべき一杯だった。
出汁に使うのがつくねをボイルした際に生じる旨味のエッセンス。
この具材そのものの旨味エキスに、
貝柱による魚介の旨味を合わせ、
しっかりと土台はつくりながらも、この一杯の顔はあくまで醤油。
ネギは彩りで、麺とスープで完璧に完結していた。
なるほど、つくねの店だからこその中華そばだった。

おごちそうさまでした !!!

SHOP INFORMATION

捏製作所

tsukuneseisakusho
〒814-0013
福岡県福岡市早良区藤崎1-14-5

電話 092-833-5666

営業時間 16:00 - 23:00

定休日 木曜

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

gyouzahanten1

餃子飯店

鶏とネギの旨味がギュギュッと oita /

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE