KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

次第に恍惚となっていくが、麺の甘みが現実に戻す。

SHOP NAME: 「

麺処 いっせい

」 / TYPE:

佐賀市内でうどんを食べる。
わざわざそんなことをしなくても良いのではないか、と知らない人は言うかもしれない。
福岡、熊本、長崎、鹿児島でも東京でもいいけど、
佐賀以外の土地に暮らす人々に、おそらくうどんのイメージはない。
佐賀全体でいえば、武雄が誇る井手ちゃんぽん、たろめんといったローカル麺が有名か。
もしかしたら、知っている人は佐賀はラーメンだろうと言うかもしれない。
確かにそうで、とんこつラーメンの名店が数多く存在する。
さらに詳しい人は食堂系のちゃんぽんだろうと声を大きくするかもしれない。
池田屋、春駒、若柳食堂、キラ星のようなスターが並ぶ。

そして、うどんはどうだ。
結論からいうと特に名物というわけではない。
ただ、名物だから食べるのかと言われて、
はいそうですと答える人生ってつまらないんじゃないか。
アウトサイダーといえば大げさだが、
土着的に地域で愛されている食べ物があれば、
それを食べて、その一時、地域の一部になるというのはとても楽しいものだ。

「麺処 いっせい」にはこれで3度目の訪問になるが、
割とどの時間帯でも地元の方と思われるお客さんで混み合っている。
どこかしこで佐賀弁が発せられているから、たぶんそうなんだろう。
若もの、お年寄り、年代は幅広く、
たまたまなのかもしれないが、写真を撮っているのはぼくくらいで、
みなさん写真をそれほど撮ることなく、普通に食べているように見えた。
日常、その尊い営みにちょっと触れさせてもらえた気がする。

佐賀県産小麦だけで打つ麺がウリだ。
「古川製麺所」が母体にあるため、
やはり麺の美味しさが際立つ。
まず食感が心地いい。
前に来た時も、今回もたまたま気分がそうだったから、
冷たいうどんを食べたわけだが、
表面がつるつる、スケートの滑走のように、
唇の上をすーっと駆け抜けていく。
口の中に収めたそれを噛めば、小麦の風味がじわり。
次第に恍惚となっていくが、麺の甘みが現実に戻す。

「きのこと豚肉のつけ麺」は、つけ汁がたまらない。
添加物を一切使っていない出汁はトップモデルのようで、
キノコ、豚肉からのエキスという旨味をまとっても、
その上品さはしっかりとそこにあり、
その上で素材を引き立てる。
濃くないから、思わず飲み干せてしまうような、
そんな絶妙な塩梅のつけ汁だった。

おごちそうさまでした !!!

SHOP INFORMATION

麺処 いっせい

〒840-0041
佐賀県佐賀市城内2-12-9

電話 0952-23-4525

ランチ営業時間 11:00 - 14:45

ディナー営業時間 17:00 - 20:45

※表記時間は閉店時間です。ラストオーダー時刻は異なります。

定休日 不定

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

春陽軒

やっぱり皿うどんだな。 higashiku /

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE

うどんのはなし