KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

たぬきぶっかけは軽やかに越えていく。

SHOP NAME: 「

手打うどん すみた

」 / TYPE:

駅を降りてどんどん町の中心から外れていく。
比例して飲食店は減っていき、
そのうち、なんでもないような街並みになったかと思ったら、着いた。
店構えに威圧的な感じはなく、町のうどん店といった普通の佇まい。
真っ白な暖簾はピンと四隅が張っていて、
その場に並んでいた人たちは嫌そうではなく、
心から楽しみにしているような表情がうかがえる。
出迎える準備ができているし、食べる準備ができている。
好きな予感しかしないじゃないか。

待つこと20分ほど。お店に入ることができた。
運良くカウンター席に通してもらえ、間近で店主の仕事を感じつつ、
(実際にはちょうど見えない造り)
おでんでもつまみながらうどんを待った。
聞いてない!完全に油断していたが、おでんが凄まじく美味い。
2番だしだろうけど、いや、おでん用にだしをとっているんじゃないかと
思わせるくらい、沁みる、だし、だし、だし。
思わず、夏なんだし、口ずさみそうになった。

グーンとあがったハードルを、
たぬきぶっかけは軽やかに越えていく。
一緒に行ってたUくんも目を見開き、喜ぶ。
第一印象は麺のクオリティの高さ。
グミ感が十分あって、歯がむにむにと食い込む。
はじめて低反発クッションを体感したときを思わせるくらい、
うっとりするような心地よさ。
固すぎず、柔らかすぎず、つるりんと躍動感をそなえる。
全然お店のイチオシでもなかったけど、
ちょっとサクッとした食感を軽くいれたくたぬきにしたが、
軽妙なカリッと感が加わり、結果、麺の食感を殺さず、
絶妙なチョイスとなった。
そして返しのキリッとした感じも好みだったなあ。
だしとの相性を徹底的に追及したんだろう。

カレーうどんも一口いただく。
こちらは大人仕様のピリ辛。
なんだろうか、店主のセンスの良さだ、最たるは。
どこに何が必要なのか、それを体現できるのだろう。
もう、すっごく感動しきりだった。

おごちそうさまでした !!!

OSHINAGAKI

SHOP INFORMATION

手打うどん すみた

teuchiudon sumita
〒115-0042
東京都北区志茂2-52-8

電話 03-3903-0099

ランチ営業時間 11:00 - 14:00

ディナー営業時間 18:00 - 21:30

※第1・3水、土日祝は11:00~15:00
※売切れ次第閉店する場合あり
※21時まで注文できることは稀だそうです

定休日 月曜、第1・3日曜

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

来々軒

ひれ伏したくなった。 kyushu / kitakyushu-chikuho

fukurakuken1

福楽軒

さっぱり、すっきりな担々麺 cyuoku /

閉店

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE