KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

明月に行ったというだけで友情が芽生えそう。

SHOP NAME: 「

明月

」 / TYPE:
meigetu
meigetu
meigetu
meigetu
meigetu

「ちゃんぽんが好きなら一度は行っとかないと」。
随分と前に熊本へ取材に行った時、
とあるお店のマスターが言い放った言葉だ。
店の名前は明月(めいげつ)。
営業時間は11時から14時まで(と聞いた)。
これだけでも、なかなかハードルが高いんですが、
店があるのは苓北。
そう、天草の北西に位置する苓北なのです。
松橋から車で約1時間で本渡に着き、
そこからさらに約1時間の場所にあります。
福岡からだと、、、ざっと4時間くらいでしょうか。
週末は行列ができるほどの人気ぶりで、
僕が訪れた平日でも13:30と外した時間でも満席でしたから、
例えば、週末にオープン訪問をしようとおもうと
福岡を朝7時に出なければなりません。
閉店ギリギリには着きたくないから、
まあ13時に着きたいと思っても9時の出発は必須。
という具合に、県外から、こと福岡から行くには、
なかなか大変なわけです。
今、明月に行ったという方に出会ったなら、
それだけでも友情が芽生えそうな勢いがありますね。

さて、天草といえば、
「長崎ちゃんぽん」「小浜ちゃんぽん」
と並んで、日本三大ちゃんぽんの一つ。
その中でも名店とされる『明月』のちゃんぽんは、
なかなか個性的な一杯でした。

まずスープは鶏ガラベースのようで、
ぎゅっと詰まった旨味があります。
そして肉もまた鶏肉。
これはかなり珍しいですね。
だいたい豚バラだったりしますから。
まさに明月ならではの一体感ある鶏チャンポン!
野菜はほどよくくったりと火が通してあり、
カマボコとすり身の存在が温かみを添えます。

営業時間の短さの理由の一つなのかもしれませんが、
麺は自家製だそうです。
やや黄色みを帯びた太めの形状で、
切り出したままを用いた角麺。
ほどよくしなやかさがあるあたりから、
生麺からの調理かなと。
これも珍しいほうですよね。
だいたい丸麺が多いですし。

ちなみに、お店の雰囲気は昭和の食堂のよう。
こじんまりとしていて、でもこぎれいにされていて、
ホッとできます。
そんな雰囲気も手伝って、ちゃんぽんも卵入りに。
これが鶏由来のまろやかさと相まって実に絶妙。

「ちゃんぽんが好きなら一度は行っとかないと」。
本当にそう思いました。
ちゃんぽんの経験値がグンとupしましたよ。

おごちそうさまでした !!!

SHOP INFORMATION

明月

meigetsu
〒863-2507
熊本県天草郡苓北町富岡2650-1

電話 0969-35-0210

営業時間 11:00 - 14:00

定休日 月曜

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

玉川食堂

醤油味の焼うどんを地下食堂で kitakyushu-chikuho / fukuoka

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE