KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

全然飾ってない。なのに際立つ一杯。

SHOP NAME: 「

花山屋台

」 / TYPE:

ライターという仕事をしていると、
「今度福岡に行くんだけど、、、」といって、
県外の友人、知人たちから「おすすめの屋台」を聞かれる。
だいたい、天神や中洲あたりというエリアを限定した需要が多いが、
たまに「美味しいもののためならどこにでもいく」という声があり、
そんなときには胸を張って「花山」を勧める。

福岡市には約150の屋台があると言われていて、
おおよそ大半が天神、中洲、長浜の3エリアに集中している。
ただ、それ以外にも屋台は残っていて、
この「花山屋台」がその一つ。
福岡市東区箱崎にある日本三大八幡宮とされる「筥崎宮」。
その参道に屋台を構えている。

創業は1949年だそうで、
現在は2代目の大将が腕をふるっている。
大将は18歳から屋台で働いているそうで、
この道半世紀になろうかという大ベテラン。
初めてこの屋台を訪れた際、
焼き鳥には津屋崎の海水を煮詰めて作った天然塩を使っていること、
ラーメンのスープには化学調味料を使わないことを、
大将はさらり、自然と教えてくれた。
そのお人柄と真摯な姿勢が垣間みえて、
以来、すっかりファンになった。

だから焼鳥もラーメンも、とてもやさしい。
塩気がやわらかく、脂っ気も強くない。
ラーメンのスープは、豚骨の出汁が生きていて、
じんわりと沁みる。
ぼくは決まって「かじめ」という海藻をトッピングする。
これが入ることでとろりとした食感、
そしてかじめからの昆布出汁のような旨みが合わさり、
いっそう満足度が高まる。
全然飾ってない。なのに際立つ一杯。

一般的な屋台と違って、
2倍以上の広さがある点がユニークだ。
もちろん屋台なのだがもはや屋外居酒屋的な雰囲気。
しかも“離れ”と呼ばれる別棟まであって、
子連れで訪れた時に通してもらえ、とても助かった。

ちなみに、いつもは夜だけの営業なのだが、
なんでも日曜だけは昼の12時から開いているようだ。
そういうこともあって、
ぼくは筥崎宮で不定期の日曜に催されている蚤の市に出掛けるとき、
寄るようにしている。
掘り出し物を見つけたあとの一杯は格別なんだな。

おごちそうさまでした !!!

SHOP INFORMATION

花山屋台

hanayamayatai
〒812-0053
福岡県福岡市東区箱崎1

電話 090-3320-3293

営業時間 17:00 - 01:00

※日曜のみ12:00(正午)から営業

定休日 月曜

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

nakagawa

なかがわ

未来の名店、薬院に誕生! cyuoku /

q

麺処 綿谷

一度ハマると抜け出せない shikoku / kagawa

アプリ限定

ゆうぜん

ゴボウ×ネギの相乗効果 fukuoka / chikugo

kokinya

こきんや

麺の真ん中にヒミツあり shikoku / ehime

アプリ限定

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE