KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

ハフハフと啜られている情景を想像しつつ。

SHOP NAME: 「

とら食堂 福岡分店

」 / TYPE:

とにかく福岡は醤油ラーメンのお店の勢いがすごい。かなで、やっちゃんち、Jonpan、もちろんまだまだあるが、単純に「増えている」ではなく、「美味しいお店が増えている」という嬉しい状況。
そんな中、白河手打ち中華そばの名店が福岡にやってきて、ぼくの周りでもまさにお祭り騒ぎになっている。
昼は結構、並ぶと聞いて、夜に行ってみると割とスムーズに席に座れた。落ち着いて食べるなら、今のところ夜の部が良さそう。

とら食堂といえば、東北を代表する名店。そんなお店が福岡にスポット的な店舗ではなく、路面でお店を出してくれ、感謝ばかり。
手打ち麺がウリの店。入口の横をみると製麺スペースがあって、スタッフさんに聞くとここで毎日、せっせと麺をこしらえているんだそう。ううう、見てみたい。
朝なんだろうか、昼と夜の間のアイドルタイムなんだろうか。このピロピロ麺が作られているところ、実際に拝見したいなあ。
そう、この麺が本当に秀逸。秀逸というか、好み。厚みに少し揺らぎがあり、そしてウェーブがかかった形状で、食感が愉快。ちゅるっと口に収まっていく過程の中で、しっかり快楽を体感できた。
十二分な弾力の強さも記憶に残る。本店では竹と麺棒による純手打ちで、熟成に3日かけると聞いたことがあるが、そんな背景を感じる麺だった。
麺の量も結構多めだし、一杯の満足感はかなりのものだ。

そしてやや黒めなスープ。甘ったるさはないが、とはいえ、醤油自体の旨み、それを甘みと表現したくなるものが、舌へしっかりと伝わってくる。
鶏主体のスープは力任せではなく、例えば根元のほうからグイっと寄せるような、どっしりとした感じ。脂っ気に頼ってないので、最後までもたれない。
そして麺との相性の良さ。切っても切れない関係。

感動したのが、チャーシュー。この写真はワンタン麺で、ワンタンも大きさ、中の具材とのバランス、好きな感じだったが、チャーシューのほうが記憶に鮮明。
隣で食べている人の丼を見て、「あ、これはご飯食べたい」と思って白飯を追加した。ラーメン自体が結構ボリューミーだったが、入るなあ、そしてやっぱり飯が合うなあ。
寒い東北の地でハフハフと啜られている情景を想像しつつ、ぼくもまたハフハフと楽しんだ。

おごちそうさまでした !!。

SHOP INFORMATION

とら食堂 福岡分店

torashokudo
〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松4-9-10 六本松コーポ 1F

電話 092-707-1015

ランチ営業時間 11:00 - 14:00

ディナー営業時間 17:30 - 20:00

※麺がなくなり次第終了

定休日 月曜

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

つどい

ギュウそばとはなんぞや? cyuoku /

fukurakuken1

福楽軒

さっぱり、すっきりな担々麺 cyuoku /

麺場 元次

久しぶりの大醤、久しぶりの興奮 cyuoku /

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE

うどんのはなし