KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

もし近所にあれば、1週間のうち、10日通いたい。

SHOP NAME: 「

饂飩 きぬ川

」 / TYPE:

もし近所にあれば、1週間のうち、10日通いたい。
ついに見つけたって感じだ。

信頼のおける方からのおすすめは本当に間違いない。
この「饂飩 きぬ川」さんは、
大阪発のローカル・カルチャー・マガジン「IN/SECTS(インセクツ)」の
編集長Mさんに教えてもらった。
Mさんは食に対してとても良いスタンスで向き合っている方で、
このきぬ川の2つお隣にある老舗昆布問屋「こんぶ土居」さんの冊子を編集していている。
そんな方なので、自然の食材・素材についての知識に明るい。

店の雰囲気はすっごくおしゃれ、ではない。
そして高級感がある、わけでもない。
キャッチーで、派手さのある名物がある、ということもない。
誤解を恐れずにいうと、本当に大衆側にあるうどんの店だ。
ぼくの“きぬ川愛”がとても高まっている理由は、
実はそのあたりにある。

日常が潤う。
これってすごく嬉しいこと。
体によく、心も充してくれる。
そんなささやかな存在は、
いつもにこやかに挨拶してくれ、物腰やわらかで、
ちょっと実家から多く送ってきたからと果物をおすそ分けしてくれ、
掃除の音が煩くなければ、夫婦喧嘩もなく、
ついでに飼っているネコも飼い主に似て愛嬌があって、
末長くお付き合いしたい隣人のようなものだ。
だから、冒頭のとおり。

かけうどんの完成度、関西屈指ではないか。
こんぶ土居さんから仕入れた真昆布、
さらに本枯節などを合わせた無化調のお出汁は、
からっからの大地に降り注ぐ雨のように、
体に吸い込まれ、体の隅々までを満たしていく。
麺も茹で置きをよしとしない。
お腹が美しく、スーッと満たされる感動。
久々に店主に握手を求めたくなった。
うどん遺産に認定したい、本当に。

ちなみにご飯ものもまた良い。
おやこめしとは、卵かけご飯に、
かしわ天をのせたもので、
天丼と卵かけご飯が一度に楽しめるという一品。
このかけうどんとおやこめしのセットは、
心からおすすめしたい。

おごちそうさまでした !!!

OSHINAGAKI

SHOP INFORMATION

饂飩 きぬ川

udon kinugawa
〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町7-6-35

電話 06-6761-7744

ランチ営業時間 11:20 - 14:00

ディナー営業時間 17:30 - 20:30

※土日11:20~14:30(LO)/17:30~20:30(LO)

定休日 火曜、月曜の夜

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

sumiya

寿美屋

おでんも必食! shikoku / kagawa

アプリ限定

ring

Ringrazie

南イタリアに思いを馳せる♪ cyuoku /

アプリ限定

香蘭

オールオッケー oita /

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE