KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

もう、まんまとやられている。でも嬉しい。

SHOP NAME: 「

一心

」 / TYPE:

なんでも呉には海軍が置かれたことから、
限られた時間の中ですぐに茹であがる細いうどんが愛されたそう。
それって、何だか聞いたことがある話だ。
そうだ、博多うどんの成り立ちに似ているじゃないかと思ったら、
とても他人に見えなくって。
そんなわけで、呉のご当地うどん「細うどん」を食べてきた。

向かったのは、細うどんの発祥店とされる「一心」さん。
まったく予想もしていなかったが、
向かっているうちに、なんとなく中心部から離れていく。
そしてナビは、僕らを道路から一歩離れた場所に導いた。
さすがにその細い路地には進んでいけないと判断し、
入口のあたりにあった駐車場に車を停める。

建物がかっこいい。
決して豪華な感じじゃないけど、老舗の貫禄がある。
紺色の暖簾には発祥店であることを伝える文字が。

店には入口が二つあって、右手に行くとカンターの裏のほう、
そのまま真っ直ぐ進むとテーブル席も備えた広い空間が待っている。
なんとなく、常連と思しき人たちで、かつ、お一人様は右に行く。
常連さんの席なのかな。

天ぷらうどんをオーダーしたら、
思ってたものの2倍増しくらい豪華な仕様でやってきた。
なんで肉まで入っているのか!!!いや、嬉しいんだけど。
なるほど、最初に低く(てんぷらのみ)見せておいて、
実際は普通にそれ以上のものを出してくる作戦か。
その作戦は見事に僕の心をつかみ、こうして嬉しさを記しているんだから、
もう、まんまとやられている。でも嬉しい。

さて、麺だ。確かに結構細め。
そして細いうえに、かなりやわらかい。
たぶん、茹で置きの麺だと思われる。提供も早いし。
そうすると、忙しい博多商人のために茹でおき麺を出し始めたという
博多うどんにますます通じるではないか。
興奮冷めやらぬ状態で、細うどんを啜る。
てんぷらの溶けたのと、ミンチが一緒に吸い込まれていく。
この一体感がたまらない。

で、実はコロッケも有名なんです。
食べようと箸で持ち上げようとすると、重い。
なんだろう、この全開でギューっと握った感じ。
もちろんジャガイモだから固くはなってないんだけど、
かなり詰まっている感じが良いなあ。すごく好感持てた。

おごちそうさまでした !!。

OSHINAGAKI

SHOP INFORMATION

一心

issin
〒737-0811
広島県呉市西中央5-1-12

電話 0823-24-1172

営業時間 07:00 - 17:00

定休日 火曜

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

大氣圏

出汁を生かしたスープ! kyushu / nagasaki

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE