KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

名店のスピリッツ、確かに受け継がれる

SHOP NAME: 「

ぴかまつ

」 / TYPE:
pikamatu

本来なら昼に食べた『麺篤屋』さんを紹介したいところですが、
僕的な超Bigニュースだったので、お先に『ぴかまつ』さんをご紹介。

「ぴかまつ」という店名、
ちゃんぽん、皿うどんを提供と聞けば、
福岡の麺フリークならば自ずとアノ名店が思い浮かぶはず。
そう、博多駅前の名店『元祖 ぴかいち』さんです。
大将はぴかいちさんで十数年腕を磨き、今年の4月に独立。
6月末にこの高砂の地に店を構えました。

来店したのは閉店ぎりぎり。
清潔感のある白い看板と真っ赤な暖簾が目印です。
まだまったくオープンを告知されていないそうですが
(開店して直後なので、さすがに現段階では一気に来るお客さんはさばききれないそう)、
口コミで聞きつけたお客さんたちで昼間は賑わいをみせていました。

メニューはちゃんぽんと皿うどんの2本柱です。
ごく最近、やきめしと餃子がメニューに仲間入り(13時~)。
ご飯セットはお得ですねえ。

皿うどんはチャンポンに負けず、ボリューミーです。
さすがは十数年というキャリアの持ち主。
新店というには恐縮してしまうほどの完成度の高さ。
一瞬、ぴかいちの味!、と思いきや、
「元ダレの塩加減には念入りに時間をかけた」という大将の言葉通り、
塩のエッジが立っていて、ひと味違う。
名店のエッセンスをしっかり感じさせながらも、
「ぴかまつ」の味になっています。
言うまでもありませんが塩辛いわけではなく、
味付けが決まっているということ。
スープをたっぷり吸った太麺は、
噛めば噛むほど肉や野菜、魚介の旨味がにじみ出ます。
魚介はホタテやエビも入っていました。
野菜は炒めすぎてへたることなく、
しっかりとシャキッとした食感が残っています。
麺、具が渾然一体となり、舌を楽しませてくれました。

どアップの麺。今にもはち切れそうな艶やかな麺は、
今こうして見ているだけでもヨダレもの。
メニューにはありませんが大皿(+100円)もOK。
今度はご飯セットにして、
ぴかいちの辛子高菜に替わる「自家製キムチ」と一緒に満喫したい。

ちなみに、店名の『ぴかまつ』は、
「ぴか」はぴかいちから、
「まつ」は店主のお父様が営んでいたラーメン店の屋号からとったそう。
もともとはラーメン店を始める予定だったそうです。
メニューは当分、ちゃんぽんと皿うどんに厳選するとのこと。
これからが楽しみですね。

おごちそうさまでした !!!

SHOP INFORMATION

ぴかまつ

pikamatsu
〒810-0011
福岡県福岡市中央区高砂2-9-15

電話 092-524-3221

営業時間 11:30 - 21:00

※夜営業の時間は閉店時間です。ラストオーダー時刻は異なります。

※日曜は昼のみ(15:00まで)

定休日 なし

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

ring

Ringrazie

南イタリアに思いを馳せる♪ cyuoku /

アプリ限定

kuroki

黒木食堂

極私的宮崎ラーメンランキング、暫定1位 miyazaki /

アプリ限定

来々軒

ひれ伏したくなった。 kyushu / kitakyushu-chikuho

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE