KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

ほどよい塩梅の甘さは優雅なのだと思えた。

SHOP NAME: 「

そばや 哲心

」 / TYPE:

チキン南蛮の名店「おぐら」には何度も足を運んだことがある。
そのうちの3割、いや1割、なんなら一度だって良い、
なんでこの「哲心」の戸を開けなかったんだろう。
本当にもったいない人生を歩んできた、
おぐらに通った回数分の後悔が積み重なっていた。

宮崎に拠点を移した平野さんの、
ちらっと投稿してあった写真を見て存在を知った。
その一枚の写真から、静かに、慎ましやかに、
自身のことを徹底的に控え目にしているような、
だが力強く土に根をのばす野草のごとき雰囲気が伝わってきて、
ここで食べるそばは格別なんだろうと想像できた。

戸を開ける。時間にすると1秒にも満たない時間で店内を見渡し、
その1秒にも満たない時間のうちに、この店を好きになっていた。
すぐにそれは、一目惚れというものなのだろうと気が付いた。

しっかりと磨き上げられた光沢のあるカウンターは、
ゆったりと奥行きが取られたサイズ感がいい。
選ばれている調度品、店の人の感じ、
先にそばを食べていたお客さんの表情、全部がいい。
あれこれ置かれていない簡素な空間には、品が静かに揺れていた。

ちょうどカウンターが空いていて、その一番端っこに座らせてもらえた。
選んだのは、天ざる。
創作系のそばもあったが、初来店はやはりシンプルなものがよい気がして。
そばは信州のものを使っているそう。
自家製粉までされているんだろうか、そばの風味はとてもフレッシュだった。
口当たりがみずみずしい。
風味の強さが唇の上を滑り、やがてシュッと口に収まる。

つゆはカツオの香りがしっかりと鼻腔に届く。
燻されたカツオの、なんともいえないスモーキーなそそる香りだ。
少々甘めなのは醤油が九州のものだからか、
それともみりんやザラメによるものなのかまでは判断できないが、
優しく、やわらかく、つゆの味わいが伝わってくる。
天ぷらは薄衣、エビ2尾は頭までしっかり食べさせてくれた。
野菜はナス、カボチャ、大葉。
エビの満足度の高さが記憶に残る。

ちなみに、二口そばというお替りそばがあったので、かけそばをいただく。
そばのコシはざると比べてしなやかになり、
つゆの甘みがいっそう華やぎ、上品かつ優雅に。
ほどよい塩梅の甘さは優雅なのだと思えた。

たまたまバレンタインデーということで、
粋な2代目が初対面にも関わらず、いちご大福を出してくれた。
これがおいしい。本当においしい。
あんこは滑らか、口どけがよく、いちごは大きく、甘さは頃合い、
ちょっと調べたら、2代目は京都で和菓子を学んだそうな。
なるほど、それは納得。

次はちょっとそば前もいってみたいな。

おごちそうさまでした !!!

SHOP INFORMATION

そばや 哲心

sobaya tesshin
〒880-0805
宮崎県宮崎市橘通東3-4-9

電話 0985-27-7724

ランチ営業時間 11:30 - 15:30

ディナー営業時間 18:00 - 21:00

※夜営業は金〜日曜のみ、20:00ラストオーダー

定休日 月曜

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE