KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

感動がどっしり大地に根を下ろしたかのようだ。

SHOP NAME: 「

MANDARIN MARKET 文華市場

」 / TYPE:

そうだったのか、それは間違いないはずだ。
合点がいって、思わずそうつぶやいた。

大正通りから一歩入った路地裏に4月21日にオープンしたばかりの
中華料理店「MANDARIN MARKET 文華市場」。
オーナーシェフの山北さんは、聞けば、
「シーホークホテル&リゾート」(現・ヒルトン福岡シーホーク)が
開業した1995年から10年に渡って同ホテルの中華料理店で腕を磨いたそう。
あれ、そう聞いた後で「ハッ」とした。
ということは、福岡における中華の巨匠である、
知久知明さんの直系にあたられるのか!!!
知久さんについてはこちらでご確認ください。
先に言ってしまうと、
僕はこのお店の塩そばにとても感動し、
惚れ惚れしていた。
そんな僕の感動が、どっしり大地に根を下ろしたかのようだ。

店主・山北さんはこのお店を構えるにあたり、
“ベジタブルチャイニーズ”を標榜している。
山北さんの原点にある上海料理を、
独自に解釈し、表現したスタイルだ。
野菜を随所に盛り込み、
中華料理の中で四季を演出する。

前菜に注文した「MANDARINの蒸し鶏」は
食べるラー油ソースを選んだ。
これが酢の酸味がアクセントになっていて、
箸が止まらなくなるくらい夢中になった。
辛味というより、ラー油の旨味にあたるエッセンスが強調された感じ。
「押し豆腐と阿蘇高菜・枝豆の上海風マリネ」は見た目も華やかで、
エビを織り交ぜたザーサイはビールが格別になる一品。
いわゆる油淋鶏にあたる「華味鶏のサクサク揚げ」は、
見た目がエレガント。
軽やかな食感の衣、その軽さを損なわない酸味と甘みが調和するタレ、
それらがしっかりと噛み合っている。

〆には「華味鳥のスープ塩そば」を。
ちなみに「MANDARIN担々麺」「醤油らーめん」もあった。
塩そばはとてもシンプルな見た目。
華味鳥を使う贅沢な出汁を生かすよう、
塩は強くなく、控えめだった。
味わいに物足りなさは皆無で、
口の中で旨味が膨れ上がるよう。
幸福って感じを口福って書きたくなるくらい。
汁の底には本当に小さく刻まれたニンニクなどを確認し、
鶏スープのうまさをさりげなく、
極限まで発揮させようとする思いが感じとれて、
ハッピーな時間になった。
黄金色の鶏油も臭みがなく上品だったなあ。

近いうちに醤油も担々麺も食べてみたい。
ランチも近々始めると書いてあったので、
ランチで麺を出してくれることを切に願っております。

おごちそうさまでした !!。

OSHINAGAKI

SHOP INFORMATION

MANDARIN MARKET 文華市場

MANDARIN MARKET bunkaichiba
〒810-0023
福岡県福岡市中央区警固2-2-28

電話 092-718-0801

営業時間 17:00 - 01:00

※金土・祝前日〜26:00(LO25:00)、日祝〜24:00(LO23:30)

定休日 月曜

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE