KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

ピロピロであり、ムチムチであり、シコシコである。

SHOP NAME: 「

刀削麺 丸新

」 / TYPE:

とっても控えめな店だ。
「看板もほとんどないようなもんだから、
通り過ぎてしまうかもしれませんよ」
そんな話を聞いていたから、
よくよく注意深く車を走らせたのだが、
見事に通り過ぎてしまった。
それくらい目立たない。
※以前、ドォーモさんでご紹介させてもらって以来の訪問
 その時は夜だったため、さらに店がわかりずらかった

店主のおっとりとした雰囲気はお変わりなく、
おばあちゃんもお元気そうで嬉しかった。
すごく人気がある店だし、週末には行列ができたりするんだけど、
本当に、店主は控えめ。というか謙虚。
無口でもなく、とっつきにくいわけでもない。
フレンドリーで、控えめ。
そんな店主が「刀削麺 丸新(まるしん)」を営んでいる。

刀削麺では小麦粉の塊を削って麺を作っていく。
店主は実は独学でこの技術を体得した。
お兄さんが近くで蕎麦屋を営んでいて、
そのお兄さんに習って、
その後、自身でスタイルを確立していった、とおっしゃっていた。
注文が入ると小麦の塊を一度軽くこね、麺を削る。
この姿がカッコいいんだよなぁ。
職人が醸し出す特有のオーラがあって、
でもそれは突き放すような強いもんじゃない。
温かい視線でほのぼのと見入ってしまう感じ。

こねたて、削りたて、湯がきたての麺は、
ピロピロであり、ムチムチであり、シコシコである。
一口ごとに多様な食感がクロスオーバーし、
口の中で一斉に騒ぎ出す。
口がライブ会場ならば、これはまさにモッシュ&ダイブ!

注文したスープ刀削麺は、
カツオが効いた鳥スープで最初は和風の味わいだが、
ラー油を入れると中華風に、
コショウをかけて洋風に転ばせるのが快感かつ痛快。
その度に美味いって気持ち悪いくらい独り言が出てしまう。

そして、カレーが果てしなく美味。
カレー刀削麺という、悶絶モノのメニューもあるが、
ミニカレーという気の利いた一品もあるので、
好みでいろいろと試してくださいな。

八代を素通りさせない街にした名店。
そう言っても過言ではない。

おごちそうさまでした !!!

OSHINAGAKI

SHOP INFORMATION

刀削麺 丸新

toushoumen marushin
〒866-0033
熊本県八代市港町61

電話 電話

営業時間 11:00 - 20:00

定休日 不定

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

味仙 矢場店

欲望を根底から動かすようなビジュアル nagoya / tokai

花山屋台

東区に残る貴重な屋台 fukuoka / higashiku

ゆうぜん

ゴボウ×ネギの相乗効果 fukuoka / chikugo

makokoro

ま心

一軒家のサプライズ kumamoto /

アプリ限定

Happy Herbs

揺るぎない信頼関係。 fukuoka / fukutsu-munakata

中西食堂

名物を凌駕したちゃんぽん。 kyushu / fukuoka

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE