KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

太いと、舌に伝わるコクも刺激も倍増。

SHOP NAME: 「

うどん大學

」 / TYPE:
u-daigaku
u-daigaku
u-daigaku
u-daigaku
u-daigaku
u-daigaku

博多においてですが、
これまでラーメンに比べてうどんが注目されてこなかった理由の一つに、
創作系がそれほど支持されてこなかった点がある、と思っています。
最近はテレビの影響、出店ラッシュもあり、
うどんの注目度は増しておりますが、
「やっぱり、博多はゴボウ天うどんたい」
といった声が根強い。
それはゴボウ天うどんを“豚骨ラーメン”に入れ替えても成り立つ、
なんとも不思議な博多方程式。
山笠を愛するように、伝統や人情、歴史を重んじる博多ならではの気質なのかもしれませんね。

うどんがますます盛り上がるには、、、
異端的な、型を破るような、
そんなうどんが街場に増え、
それを愛する文化が根付く必要があると思っています。

『うどん大學』さんで楽しめる担々うどんは、
まさに創作系と形容できる一杯です。
温とひやが選べ、この日は蒸し暑かったこともあり後者をチョイス。
まろやかなゴマのコク、ラー油の刺激というような
担々麺の説明がぴったり当てはまるわけですが、
麺が中華麺ではなく、うどんになるとこれほど違うのか、
と頬が緩みます。
キュッとしまった細めの麺はほどよい弾力感。
中華麺に比べると何倍も太い麺が、その太さの分のスープを絡め取るわけですから、
舌に伝わるコクも刺激も倍増。
結論、タマラナイ。

もう一つの写真は別日に楽しんだすじ釜うどん。
川路あずささんのトークライブの後に、
溝口くん、石原くん、林さん、定松さん夫妻、松尾さんらと味わいました。
食通のみなさんとワインを傾けつつ、舌鼓を打つ。
そう、こちらはソムリエがチョイスするワインも自慢の一つなのです。
うどんの楽しみ方が広がりますね。

ゴボウ天も好きですが、
創作系の魅力もさらに追求していきたいな。

おごちそうさまでした !!。

SHOP INFORMATION

うどん大學

udondaigaku
〒810-0042
福岡県福岡市中央区赤坂1-10-1 丸徳ビル 1F

電話 092-724-0609

営業時間 11:30 - 01:30

※夜営業の時間は閉店時間です。ラストオーダー時刻は異なります。

定休日 なし

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE