KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

力んでないと表現したくなるような絶妙の塩梅

SHOP NAME: 「

手打ちうどん 円清

」 / TYPE:

束になったうどんから麺を引き上げる。
ん、んん? まだかまだかとその先端を待つも、
なかなかそれが現れない。
実際どれくらいなんだろうか。70cmくらいは優にある。
福岡ではそれほど長い麺を提供しているところがないので、
かなりの衝撃を受けた。そして思わずにやけてしまう。

麺を途中で噛み切って食べるのを良しとしないぼくは、
たぐっていた二本のうちのうどん一本を箸で持ち直し、
咀嚼してみれば、幅5mm厚み3mmくらいの麺は、
力強すぎない、それは力んでないと表現したくなるような、絶妙の塩梅だった。
ぼくの知っているさぬきうどんの名店は、頑なにコシだけを押してこない。
勝手なイメージでさぬき=コシという感じだけど、
硬いのとコシがあるのは違って、
噛んでいて心地よさはあれど、顎だけが疲弊するようなことがなく、
そんな良い感じのコシが、円清さんのうどんにはあった。

「手打ちうどん 円清」さんは4月にオープンしたばかり。
その経緯などはこちらこちらに書いてあるので要チェックということで、
そんな埼玉の人気店の福岡移転の理由はわからないけど、
美味しい店が増えることは切磋琢磨という意味で良い影響があると思う。
信頼している方のインスタグラムに、店主は惜しまれつつ無くなってしまった
讃岐の名店で修業を積んだ方なのだそうで、
それで武蔵野うどん特有のごつごつとした力強く太い麺ではなく、
シュッとした美しい麺だったのかと納得。

注文したのは、看板メニュー的な位置付けの「つけうどん系」の中から、
「肉汁おろしざるうどん」。
一本をつまみあげて、肉汁へとざぶん。
この肉汁は煮干しのみで出汁をとっているそうで、
たぶんそれも福岡では稀有。というかそういう店をぼくは他に知らない。
肉は割とたっぷりめで、おろしのさっぱり感が良い。
煮干し出汁というとえぐみなどがあるのかもと思っていたら、
これが麺同様にとても上品な印象で、再び大いに驚かされた。
かえし合わせなのだろうか、醤油による塩分の角の取れている感じが、
なんとなく熟成を連想させた。

麺を食べ終えると、もう一つのお楽しみがある。
提供時に徳利にて蕎麦湯的な生姜入りの出汁が添えてあり、
これを残った肉汁へ注ぐ。
煮干しの存在感が引き立つとともに、
生姜のすっきり感も相まって肉の旨味を再認識。
これで750円は結構お得だと思う。
茹でたてを出すため、茹で時間が釜揚げで10分、ざるで13分ほど掛かるとのこと。
来店の際には、ぜひとも時間に余裕を持って。

おごちそうさまでした !!。

SHOP INFORMATION

手打ちうどん 円清

teuchiudon ensei
〒810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴2-7-1 ライオンズマンション舞鶴第3 107

電話 092-721-4929

ランチ営業時間 11:00 - 14:30

ディナー営業時間 17:00 - 20:00

定休日 不定

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

datesoba

だてそば

開店後、即満席に。 chugoku / okayama

アプリ限定

mugiemon

麦衛門

春吉で讃岐うどん! cyuoku /

アプリ限定

喫茶Live

初めてのラーメン喫茶 chugoku / yamaguchi

アプリ限定

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE