KIJI|山田 祐一郎

福岡のフリーヌードルライター、ライターの山田 祐一郎

その一杯が食べたくて

続・大盛リストたちのサンクチュアリ

SHOP NAME: 「

入船

」 / TYPE:
irihune
irihune
irihune

その一杯は圧倒的な存在感とインパクト。
ボブサップを初めて見たときに近い衝撃を残しました。
それは「四郎ヶ浜ドライブイン」のちゃんぽん。
旧・その一杯が食べたくてで、
「大盛リストたちのサンクチュアリ」と紹介し、
僕の周りでは結構、名の通ったお店でした。
リンク先をみてもらえば、そのビジュアルに恐れおののくはずです。
ちなみに、、、大盛りに美学を持つ人=大盛リスト。
もちろん、造語ですよ。オオモリスト。なんだか良いと思いません??
さて、話を戻します。
「山ですよ、あれは」
某カメラマンさんはそう言い放ち、
なんだか嬉しそうに笑いました。
そう、山であり、男たちを夢中にさせるカリスマだった。
だった、と言うのは、もはや過去形だから。
惜しまれつつ、「四郎ヶ浜ドライブイン」は閉店してしまいました。
もう、あの衝撃には出会えないのか。
否、天草の玄関、上天草で、その空気を感じることができました。

「入船」は同じ敷地内にある「ニュー入船」の姉妹店で、
こちらはチャンポンメインのお店になっております。
店内はなかなか広く、家族連れでも気軽に利用できそうなテーブル席がメイン。
オーダーしたのは天草名物の地ダコが入ったチャンポン(1050円)です。

運ばれてきたそれを見て、思わずニンマリ。
かつて僕をトリコにしたあのチャンポンに通じるボリューミーな一杯ではありませんか。
真横から見ると標高こそ低めではありますが、
その裾野は広く(丼が大きい)、なかなか嬉しい佇まいです。
食べると、これが美味い。
大味だろう、なんて思ってはいけません。
ちゃんぽんって、素材の旨味がスープに溶け込むような性質があるように思えるのですが、
まさに大盛りの具材からのエキスが凝縮されているかのごとく、
なんとも深遠なる味わい。
旨味がとっても奥深いんです。
良い仕事をしているのが地ダコ。
これが入ることにより、いっそう磯の風味が際立ち、満足度が増します。

気合いの入った御仁はぜひとも大盛りを。
エベレスト級が現れるのではないか、と。

おごちそうさまでした !!

SHOP INFORMATION

入船

irifune
〒869-3601
熊本県上天草市大矢野町登立4060-2

電話 0964-56-0162

営業時間 11:00 - 22:00

定休日 第3水曜

皆さまへお願い

山田祐一郎が個人で運営しつつ、参加者のみなさんと育てるアプリと考えております。個人運営ではどうしても閉店情報などの情報が行き届きません。記載内容と違う場合、ご一報ください 。

 
情報依頼フォーム

ご指摘の際は、正しい情報か信憑性の確認が必要な為、可能な限り以下の情報をご入力ください。
また、必ずしも反映されるとは限りませんので予めご了承ください。
※該当ページはシステムで判断しますので、URL等入力いただく必要はありません。該当ページから送信してください。

OTHER NOODLE

風街

ミニマムなナポリタン fukuoka / cyuoku

玉川食堂

醤油味の焼うどんを地下食堂で kitakyushu-chikuho / fukuoka

FACEBOOK

YAMADA BLOG

RECENT NOODLE